〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-4-4エースタワー701
江ノ電江ノ島駅・モノレール湘南江の島駅から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
定休日
水曜、日曜
お気軽にお問合せ・ご相談ください
050-5211-7465

歩くことって大切?腰痛予防に。

歩いていますか?

腰痛対策、運動不足解消は歩くことから!

昔から健康法には色々なものがあります。そんな中でも多くの人が取り組んでおられるものにウォーキング、歩くことがあります。歩くというのは、すごくシンプルで簡単な動作ですが、どうして歩くことが健康に繋がるのでしょうか?

 人間の身体を構成するもので、重要な役割を果たしているのが筋肉です。

内蔵や骨と違って、筋力が弱ってもそれなりに生活できるかもしれませんが、生活の質はどんどん下がっていきます。

そして、内臓の働きにも悪影響を及ぼします。また、骨折など骨への影響、腰痛、ぎっくり腰の対策としても無視できません。それぐらい筋肉は大切なものです。しかし、その大切な筋肉は、運動不足とともに失われていくのです。運動不足が私達の身体に及ぼす悪影響というのは、測りしれないものがあるのです。 

運動不足になると?

運動不足になると筋肉が衰えてきます。見た目は立派な身体をしていても肥満で運動不足の人は筋肉が衰えているかもしれません。

筋肉量は20歳以降、ほっておけば減少していきますが、運動をしないと1年で約1%減少すると言われています。つまり、何も運動をせずに50歳を迎えると、その頃には20歳の頃の約70%になっているということです。

それが、身体に悪影響を与えていくことになります。

運動不足を解消するための基本は歩くこと

運動不足を解消するのに1番簡単な方法は、歩くこと、ウォーキングです。

歩くことは、難しい動きや、設備がいるものではありません。その気になれば、いつでも手軽に自分のペースで出来るという素晴らしいものなのです。特別な準備も必要ありません、今すぐ、始められます。

ウオーキングで気を付けなければならないこと

ウオーキングが運動不足解消に効果的だということを説明しましたが、ただ単にダラダラと歩いていては、効果も半減します。

ウォーキングの際に気をつけなければいけないことは、「速さ」と「姿勢」です。無理しない範囲で、普通の歩くよりも、少し速足で、少し息が上がるぐらいで歩いてみましょう。

基本となる姿勢は、背筋を伸ばして、顎を引いて、手を振って、さっそうと歩くことです。

 歩くというのは、人間の動作の中でも最も基本的なものと言えるかもしれませんが、交通手段の発達した現在社会では、ついついおろそかにしてしまいがちです。正しいウォーキングで、運動不足を解消して、健康な身体を維持しましょう。

歩くことは何故、にいいのか?

歩くというのは基本的な動作で、私達人間は生まれて1年を過ぎた頃から長い間歩いてきているわけですが、その歩くことがどうして身体にいいのでしょうか。

歩くことは有酸素運動であると同時に、人間の身体の中でも特に筋肉が集まっているのは下半身を使います。下半身の筋肉を発達させることで基礎代謝の向上等の効果も期待できるのです。

歩くことでどんな効果が?

歩くことでどのような健康効果が期待できるのでしょうか。

 ・血流の改善等による血圧低下、血管や心臓に関する疾患の予防

 ・悪玉コレストロールの減少

 ・カロリー消費による高血糖の抑制やダイエット効果

 ・骨粗鬆症の予防

 ・腰痛対策

これらは、フィジカルな面に関することですが、その他にも歩くことで、脳の活性化やリラックス効果によるストレス解消といったことも期待できます。

健康のためにどんな歩き方がいいの?

普段の生活の中で、空いた時間や休日などにまとまった時間をとって歩く、ウォーキングをすることもいいことですが、普段の生活の中でも、少しでも移動の際に乗り物を使わない、エスカレーターやを使わないというだけでも、積み重なれば効果を発揮するものです。

生活のパターンを歩くことを目的として少しでも変えてみましょう。やがて歩くことが苦にならなくなる、当たり前になってきます。また、ウォーキングの際は、姿勢にも気をつけましょう。胸を張って、手を振って普段より少し大股に歩けば効果も高まります。

歩くことをおろそかにすると。

歩くことがいかに身体にいいかということについてご紹介してきましたが、では、歩かないとどうなるのでしょうか。先ほど歩くことの効果の部分で説明したことの反対のことがおきてきます。そして、それらが原因となって、さらに歩かなくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

何気ない歩くという動作でも多くのものを手に入れることが出来ます。

ウォーキングで鍛えられる筋肉は?

身体の中で衰えを感じる場所と言うとやはり足腰ではないでしょうか。

足腰の衰え、筋肉量の減少は活動範囲や運動量の低下に繋がります。そんな足腰の衰えを防ぐために、手軽で効果的なものの1つにウォーキングがあります。

歩くことで、足腰を中心とした筋肉を鍛えることが出来る訳ですが、このウォーキングもただ単に歩けばいいと言うものではなくて、効果的なウォーキング方法というものがあるようです。

ウォーキングで足の筋肉が鍛えられますが、実は正しいウォーキングをすれば身体中の色々な筋肉が鍛えられます。

まずは、ウォーキング時に最も活躍するのは足の筋肉です。

・大腿四頭筋
 ふとももの前にある部分で、とても大きな筋肉です。

・下腿三頭筋
 ふくらはぎの部分です。

・前脛骨筋
 すねの外側の部分にあるものです。

足以外にも次のような筋肉が鍛えられます。

・背筋
 腰から背中に当たる部分にあり、姿勢を保つのに役立ちます。

・腸腰筋
 下腹部にある筋肉で腰椎と大腿骨を結ぶものです。

ウォーキングでこんな姿勢を意識しましょう。

ウォーキングの効果を高めるためには、姿勢を意識することが必要です。

基本的には、踵から頭の先まで背筋をピンと伸ばすということが基本となりますが、気を付けないといけないのは、腰が反ってしまわないことです。腰痛の原因になります。

壁に背中をつけて立った場合、壁と腰の間の間隔に注意してください。コブシ1つ以上の隙間があると反りすぎている可能性があります。

ウォーキングの歩き方はここがポイント!

次に歩く時のポイントについてですが、先ほど紹介したような姿勢を保ってウォーキングを続けることが大切になってきます。

そして、腕を振って少し大股で速足を心掛けてください。
その際には、最初に紹介した筋肉を意識することで、より効果があがってきます。

お腹や背中の筋肉、それに足の内腿も意識してみてください。

筋肉は使っていくことで、鍛えられていくわけで、それがアンチエイジングや健康的な生活に繋がっていきます。

そして使った筋肉は、疲労を貯めないようにしましょう。

現在、腰痛をお持ちの方は無理をせず行ってください。

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

050-5211-7465

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/10/01
10月の休診日
2日、5日、9日、12日、16日、19日、23日、26日、30日
上記の日程はお休みさせていただきます。
2022/09/01
9月の休診日
4日、11日、17日(午後)、18日、25日、28日、29日、30日
上記の日程はお休みさせていただきます。
2022/03/12
片瀬江ノ島駅からほど近い所で7年半、診療をさせて頂いておりましたが3月15日より江ノ電・湘南モノレール江ノ島駅から徒歩1分の所に移転することとなりました。よろしくお願いいたします。
新住所 藤沢市片瀬海岸1‐4‐4エースタワー701
新電話 050‐5211‐7465  

本間整体院

住所

〒251-0035
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-4-4エースタワー701

アクセス

江ノ電江ノ島駅・モノレール湘南江の島駅から徒歩1分

受付時間

9:00~20:00

定休日

水曜・日曜